【ほぼ妻書き下ろし官能小説】藤村綾の『人妻風俗嬢の淫らな体験』 綾のホンネ③前編
藤村綾

藤村綾
photo by 人妻風俗嬢/官能小説家 藤村綾

『人妻風俗嬢の淫らな体験 綾の本音 ③・前編』

部屋に入ったせつな、異様な匂いに鼻を曲げ、異様な部屋の汚さに目を丸め、異質な人間達の前であたしは立ちすくんだ。
まるで言葉が出ない。立ちはだかっている男性と女性は真っ裸だ。真っ裸でいる方が自然体な気がしてくる。洋服を着ているあたしの方が正解なのに、不正解なような気がしてくる。午後3時に部屋に入った。けれどラブボテルの部屋に明かりは皆無で嘘くさい明かりがほんのりと心もとなく灯されているだけで、女性の豊満な色白の肌を浮き出させている。
「名前……、訊いてもいいかしら?」
甲高い声だ。それでいて気品が感じられる。豊満な女性があたしの名前を訊いてきた。そんなところに立ってないで、こっちに座ってね、と、ソファーに座るよう促しながら。
あたしは、頷き、落ち着かない状況でありながら落ち着き払った姿勢で、
「綾です」
普通に自己紹介をした。ソファーの隣には男性が座っている。うっかり横が向けない。男性も裸体だ。対峙したときの印象だと身体がだらしなく見えたので結構年齢はいっているかもしれない。うっすらとおじさん臭が鼻梁をかすめた。
「綾さんね。そう、シャワーしてきなさいな。時間は3時間よ。お店の人にも言ってあるし、お金は先に支払い済みだから」
鷹揚な口調なのだけれど、なにせ裸体のパイパンである。陰毛がすっかりとない。綺麗な恥丘。その声の主があたしのいるほうに近づいてくる。あたしは、スクッと立ち上がりシャワーをしに行こうとした。が、そのせつな女性があたしの頬にキスをした。かわいいわ。いい匂いがするわ。などと言いながら。
男性が、まあ、まあ、と女性をなだめつつ後ろから豊満なお尻を掴んだ。
「あん、やだぁ」
女性の甘くて切なげな声が部屋に啼き響く。眉間に深いシワを刻み耽美な声を出す。そのまま女性は男性の上に座り身体を捻って男性の首に腕を回す。あたしがいることなどまるで気にしないで、キスをし始めた。あたしはやや遠くに離れ、チラチラと横目でみやりながら、洋服を脱ぎ始めた。男性の大きな掌でもおさまりのきかない、たわわなバストが無様にひしゃげる。強く揉まれることを好む性嗜好なのだろうか。女性は腰を浮かせ胸を揉まれながら、片手で男性の怒張を握りしめつつ扱いていた。
「あん、すごく大きいわ。立派だわ。ああっ、」
なんだかあたしに2人の愛するところを故意に見せることにより興奮しているようにも取れる。あたしは裸体のまま2人が愛しあっている場面に目を向けた。女性の背中が上下に稼働する。せわしない手の動きはまるで手コキの風俗嬢しかり、それ以上かもしれない。女性がときおり後ろに顔を向けあたしに目配せをする。見ていて、ね、お願いよ、女性の声が、心の声が手に取るようにわかる。
この2人は夫婦ではない。きっとダブル不倫なのだろうか。それとも愛人?女性は小柄で肌は突飛に綺麗だが、背中に年齢を感じた。たるんだ背中。人間という生き物は幸か不幸か自分の後ろ姿など気にはしない。その実。後ろ姿こそが年齢を感じさせる場所なのに。お客さんでもたくさんいる。後ろの髪だけがさみしいのに前だけ見ているので老いを受け入れない人が。本当にたくさんいるのだ。
舌と舌を絡ませる粘着音がいやらしい。背中に薄く汗をかいている女性の生の姿が妖艶に見える。
けれど、あたしは風俗嬢だ。素人ではない。素人だったら他人の愛するところを見れば大なり小なり興奮をして自慰でもしたくなるはずである。その昔あたしもアダルトビデオを見て興奮をしたことがある。興奮と興味。箱の中の男女の絡むところはとても刺激的であたしの子宮を狼狽させた。
今、目の前で行われている行為など、あたしにとっては犬の交尾よりもなんとも思わない行為だ。けれど、マンネリ化したカップルにおいて、利害なき傍観者こそが興奮を煽るスパイスになる。
欠伸を噛みころし見ているふりをする。
あたしの依頼はカップルのところに出向くというプレイなのだ。
昨日、店長に言われたのだった。綾ちゃんしかいけないんだよ、と、苦渋の形相で。
「なみさんは?」
あたしと同い年くらいの嬢もいるので訊いてみた。あまりこの依頼の仕事は行きたくなかったのだ。乗り気ではない。なぜかといえば先日、付き合っている男から「結婚は考えてない」と、辛辣なことをきっぱりと言われた分だった。
あたしは別に結婚はいいから、一緒に住みたい、と、なんとなく濁し話しをしたのだ。果敢な面持ちで。
同棲をしてくれたら風俗を上がろうと意を決し口火を切ったのに。
そんな男はあたしが風俗嬢だということはまるで知らない。
あたしはたちまち途方にくれた。そして今もひどく途方にくれている。
「なみはダメ。連絡が取れないから」
店長はあたりまえのように口にする。あたしもああ、またか、と思った。
「男ができたらしい」
「……、ふーん、それって、お金のいるかれしですか?」
店長はクツクツと肩を上下させ笑いを含んだ口調でバックミラー越しに口を開く。
「お!正解!」
せいかい、せいかい。と2回ほどいい、その後急に無言になる。
「さみしいのかな」
おもてはおそろしいほど天気のよい初夏で、午後一番の道は存外空いていた。

あたしはベッドになだれ込んだ男女を確認し、結構豪奢なシャワールームに足を踏みいれた。

(続く)

モアグループで出会える奥様

大宮人妻花壇

大宮人妻花壇 眞乃(マノ) 38歳

現役の歯科衛生士さんなのですが、とっても淫らな奥様だったのです。夜な夜なスマホのエロ小説を読みながらのオナニーが日課らしく、そのお陰か、クリが非常に敏感なのです。イキ癖が付いているからイキ易いと仰ってました。場合によっては潮も吹いちゃうとか・・・。現役歯科衛生士さんとの淫らな妄想の世界に行ってみたいお客様からのお電話お待ち致しております。

店舗情報

店舗名
大宮人妻花壇
業種
デリバリーヘルス
エリア
大宮
電話番号
048-650-5650
HP
オフィシャルHP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ

女の子情報

名前
眞乃(マノ)
年齢
38歳
スリーサイズ
164cm B.96cm(Fカップ) W.61cm H.90cm
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ

この記事の作者

藤村 綾
藤村 綾
あらゆる風俗業界を渡り歩く謎の風俗嬢ライター。
『俺の旅』ピンクの小部屋連載中。趣味は古本屋巡り。
藤村 綾の記事一覧を見る

よく読まれてる記事

関連する記事

この記事の作者

藤村 綾
藤村 綾
あらゆる風俗業界を渡り歩く謎の風俗嬢ライター。
『俺の旅』ピンクの小部屋連載中。趣味は古本屋巡り。
藤村 綾の記事一覧を見る

人気カテゴリー

掲示板の新着スレッド

アクセスランキング

ナオトインポテンツTwitter

関連サイト

  • FuuTubeVR
    オンラインサーバー上に存在する仮想空間の風俗ビルディングです
  • 当たり嬢レポート
    全国の風俗(デリヘル)嬢のクチコミ体験情報を集めました。
  • デリデン
    お店探しに特化しました
  • FuuTube
    風俗動画数約3万2000!登録ナシ・無料で全ての風俗動画がすぐ見れる!
  • モアグループNAVI
    首都圏最大級デリヘルグループ・モアグループの情報サイト

スポンサーサイト

ページTOPへ
ページTOPへ