【ほぼ妻書き下ろし官能小説】藤村綾の『人妻風俗嬢の淫らな体験』さおり 27歳 前編
15801874_1749312068721617_8662309141739470848_n

15801874_1749312068721617_8662309141739470848_n
photo by 人妻風俗嬢/官能小説家 藤村綾

『人妻風俗嬢の淫らな体験 さおり 27歳』

27歳は魅力的な年齢だとネットや雑誌に書いてあった。確かにひどく若くもなく、かといってひどく歳をとっているわけでもない。
風俗嬢年齢というものがある。その実。あたしは別に故意に嘘をつかないでも、そのままの年齢で十分可能だ。27歳というだけでまるもうけをしている。
平均年齢30歳の人妻デリヘル店・ローズクラブに従事して早、3年。あたしは3年前の24歳のときから年齢は27歳に設定してあった。
その27歳の誕生日が明くる日に迫っている。
本当の27歳。実感がまるでわかない。けれど、それなりに場数を踏んできたぶん、それなりに小狡くなっている。と、思う。肌の張りも、多少の皺も増えている。本物の27歳になった証なのだろう。
「さおりちゃん、あ、違うか、さおりさん、のがしっくりくるかな」
午後2時。あたしは8畳程のせまい待機場に待機をしている。最近に入店してきた『わかな』という嬢が、なぜだかあたしに辛辣な視線を投げてくる。その視線を一蹴し、副店長の方に顔を向けた。
「いやぁ、別にいいですって。さおりちゃんで!」
肩をすくめ、ふふふ、と、手を口元に添えて笑う。どの男もあたしの笑顔にノックアウト。あたしは自分がおそろしいほど綺麗な容姿だと自覚をしている。謙遜はしない。だって本当に綺麗で知的で博識だからだ。
元は建築事務所の設計図面を書いていた。元なので今はただの宝の持ち擬され。男の職場に男並みに、いや、それ以上に仕事が出来るあたしに羨望の眼差しを向ける同僚たちだったが、その裏腹では、嫉妬と憎悪の嵐だった。
—誰とでも寝る女—
—売女オンナー
誰かがありもしないことを吹聴した。それもあって建築事務所を退職した。綺麗で才能もあって、仕事の出来る女は男に嫌われると身をもって痛感をした。23歳のときだった。
結果、男を屈服させたいと思い、風俗嬢になった。
たくさんの男を翻弄してきた。たくさんの男からお金と心と感情を搾取してきた。
「それも、明日までね」
あたしは聞こえない声で独りごちる。
「本当に辞めるの」
さおりちゃん、やはり『ちゃん』づけであたしに問うてきた。
『わかな』の視線が煩かった。あたしはたくさん女の子がいるのに、この3年。誰とも喋ることはなかった。といっても、誰もあたしと喋ろうとしなかったといったほうが正解かもしれない。
「ええ、」
短く応え視線を床に落とす。汚い床。タバコの灰が散乱している。長くて茶色い髪の毛もたくさん落ちている。
「そっか」
副店長はただ、最初から決めてあったからね。とだけいい、事務所に引っ込んだ。
『わかな』が立ち上がり、トイレに行くかと思うや否や、あたしの横に座った。
え? あたしは思いがけない行動に声が出た。『わかな』があたしの顔をじっと見やる。
「な、なあに?」
目つきがおそろしく怖かった。凍てるような視線に背中が凍った。
「明日、辞めるって本当なの?」
あたしと副店長のやりとりを訊いていたのだろう。あたしは臆することなく、
「そうよ。辞めるわ」
なにが言いたいのだろう。何秒かの間のあと、『わかな』の口が開いた。
「辞めてどこかに就職するの?」
正直なにも決めていない。
あたしは首を横にふった。頼りなく。情けなく。
「設計事務所に行けばいいじゃない?」
え!あたしはその言葉の羅列にひどく驚き腰が腑抜けになった。
「え!なに?あなた?一体誰なの?」
あたしはあたしらしくもなく見事に混乱した。そして、誰?あなたは?『わかな』の方に顔を向けまくしたてる。
「あたし?」
『わかな』の顔は世辞でも綺麗ではない。世間でいえば、ブスだ。浅黒い顔色。筋肉質の体躯。30歳前かあたしと同い年くらい。しかし、一体誰なの?
「訊きたい?」
『わかな』があたしの顔を下から覗き込んでくる。
あたしは、頷くほかなかった。『わかな』はクスクスと笑っている。
事務所のドアが開いた。
「さおりちゃん、支度して。仕事」
「は、はい、」
救われた気がした。
『わかな』は、そんなあたしの安堵に気がついたのか、視線を逸らした。
「お願いよ。あなた一体誰なの?」
もう一度詰め寄る。『わかな』は、ニタリとした顔で相変わらず笑っている。
きみが悪いと思った。
あたしは最後の仕事だと思いつつ、支度をする。
『わかな』はカバンからガムを取り出し噛んでいる。くちゃくちゃという咀嚼音が忌々しかった。
「あーとーで」
『わかな』が間延びでそういった。バカにされた気分だった。あたしは無視を決めた。『わかな』はどうしても視線をあたしに向ける。
「いってきます」
事務所から踵を返す。息が詰まりそうだった。あのときと同じ。昼の仕事でも風俗の仕事でもあたしは居場所がない。
おもてはバカみたいに暑く、バカみたいに陽気だ。
「少し遠いです」
ドライバーさんの声。遠くてよかった。あたしは思いきり息を吸い、一気に吐き出す。
「お腹すいた」
っはは、ドライバーさんが屈託無く笑う。
「コンビニよりますね」
「ええ」
すっかり夏空の空を見上げ、あたしは眩しさに目を細めた。
(続く)

モアグループで出会える奥様

cp_70863_335151_20170720121857 (1)

乱妻町田店 みやび 28歳

皆様お待ちかねのSSS級スレンダー奥様!スラッとした高身長に細く長く引き締まった手足♪見た瞬間、会った瞬間に「吹石○恵さん」のような雰囲気に思わずガッツポーズ!衝撃はあっという間に体中を駆け巡ること間違い無し!物腰も柔らかくとても礼儀正しく、ドキドキと緊張感が止まらなくなります。

店舗情報

店舗名
乱妻町田店
業種
デリバリーヘルス
エリア
町田
電話番号
042-709-4848
HP
オフィシャルHP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ

女の子情報

名前
みやび
年齢
28歳
スリーサイズ
167cm B.84cm(Cカップ) W.57cm H.83cm
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ

この記事の作者

藤村 綾
藤村 綾
あらゆる風俗業界を渡り歩く謎の風俗嬢ライター。
『俺の旅』ピンクの小部屋連載中。趣味は古本屋巡り。
藤村 綾の記事一覧を見る

関連する記事

この記事につけられたタグ

この記事の作者

藤村 綾
藤村 綾
あらゆる風俗業界を渡り歩く謎の風俗嬢ライター。
『俺の旅』ピンクの小部屋連載中。趣味は古本屋巡り。
藤村 綾の記事一覧を見る

PR

PR

関連サイト

  • SMAX素人投稿動画
    緊縛マニアのオジサンの趣味が高じて縛ってハメる!
  • 5分で学べる!風俗嬢にモテる方法
    風俗嬢にモテる新たな生活があなたを幸せに導く
  • FTB48
    水泳大会など他では絶対見ることができない動画を配信
  • デリデン
    お店探しに特化しました
  • 女のFuuTube
    普段は見ることができないAV男優の素顔を公開
  • FuuTube
    風俗動画数約3万2000!登録ナシ・無料で全ての風俗動画がすぐ見れる!
  • 人気風俗嬢の居酒屋でしか聞けないタブーな話
    業界激震!風俗嬢を酔わせて本音を引き出せ!

PR

ページTOPへ
ページTOPへ