【タイ旅行のすすめ】⑩ 貴重品はどうやって持ち運ぶ?スリ集団に狙われないために学んでおこう
タイ旅行のすすめ

タイ旅行のすすめ

海外旅行というと、『貴重品が盗まれるから注意したほうがいい』なんて、物騒な話をよく聞きます。

パスポートやお金などの超貴重なものはどのように持ち歩ければ守れるのか。

今回は私の経験を元にまとめてみたいと思います!

ウエストバッグに入れて腰に巻く

一番ポピュラーなのがこの方法。ただし、この方法だと、どこからどう見ても「これが貴重品です!!」というのが分かっちゃうので、スリに遭いやすいのだとか。

現地の人によると、外国人がウエストバッグを腰に巻いていると、『私は大切なものを全部ここにいれて持ち歩いているぞ!!』と周囲にアピールしているように見えるそうです。

最近はボディバックと言って斜め掛けのウエストバッグみたいなものもあるので、それを持っている人が多いかな。

首から紐でつるす

袋に入れて首から下げて、シャツの内側に隠す方法。一昔前までは、これが主流だったそうです。安全なので、今でも愛用者は多いのだとか。
ウィークポイントは、『必要な時に出しにくい』『薄着の時に目立つ』といったところ。でも、ちょっとカッコ悪くても首から下げておけば安心ですよね。

持ち歩かない

貴重品をホテルのセーフティボックスなどに預けて、大金を持ち歩かない方法。これが最も安全な方法と紹介されていました。
しかし、タイでは、外国人の場合、身分証明書の携帯義務があるため、旅行者はパスポートを持ち歩かなければなりません。バンコクでは夜に検問を行うこともあるので、そのときに所持していないと面倒に巻き込まれることも……。そんなときのために、パスポートのコピーを携帯しているとグッドです!

まとめ

バンコクで特にスリの被害に遭いやすい場所は、スクムビット通りのナナ~アソーク周辺、シーロム通り、チャトゥチャック・ウイークエンドマーケットなど。

日本人からの被害が多く聞かれるのは、BTSアソーク駅周辺のオカマのスリ集団、だいたい3人くらいのグループで夕方から早朝に掛け男性(東洋人、西洋人問わず)を狙っているそうです。

「タバコを下さい」と言われ、ベタベタ触られたら要注意!1人がスリ、それを2人目に渡し、被害者が気づいても揉めている間にもう1人がタクシーに乗って現場を離脱してしまうそうです。

海外旅行では、バッグや財布は身体の前面に置き、妙な動きをされたら、すぐに貴重品をつかんで逃げましょう。どんなに楽しくても貴重品を持った状態で泥酔しないようにしてくださいね!

店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ

この記事の作者

ぽめこ
ぽめこ
最近、ジュエリーに目覚めたアラサー女子。
ジャージにすっぴん、そしてウン十万のネックレスとリングを装備して日々記事を書いている。
「そんなすごいリングしてるなら、指毛剃りなよ」と妹に言われて以来、毎日風呂場ですっぱだかで指毛を剃っています。
ぽめこの記事一覧を見る

関連する記事

この記事につけられたタグ

この記事の作者

ぽめこ
ぽめこ
最近、ジュエリーに目覚めたアラサー女子。
ジャージにすっぴん、そしてウン十万のネックレスとリングを装備して日々記事を書いている。
「そんなすごいリングしてるなら、指毛剃りなよ」と妹に言われて以来、毎日風呂場ですっぱだかで指毛を剃っています。
ぽめこの記事一覧を見る

人気カテゴリー

週間ライター

掲示板の新着スレッド

アクセスランキング

ナオトインポテンツTwitter

関連サイト

  • モアグループNAVI
    首都圏最大級デリヘルグループ・モアグループの情報サイト
  • FuuTube
    風俗動画数約3万2000!登録ナシ・無料で全ての風俗動画がすぐ見れる!
  • FuuTubeVR
    オンラインサーバー上に存在する仮想空間の風俗ビルディングです
  • デリデン
    お店探しに特化しました
  • 当たり嬢レポート
    全国の風俗(デリヘル)嬢のクチコミ体験情報を集めました。
ページTOPへ
ページTOPへ