第28回 イサーン最貧の街、ロイエットの居酒屋娘<後編・シーラチャ純情編> 【タイのいなかはおじさん天国】
バンコクは怖いけどシーラチャなら……という田舎娘もけっこういる

「えっ、シーラチャに移った?」

居酒屋のママは申し訳なさそうに言う。

「そうなの。2か月ほど前かしらね。姉のジェーンとケンカして、やめちゃったのよ」

心配になった。胸がざわつく。ジューンはロイエット県の田舎から出てきて、まだ半年とたっていないのではないだろうか。無垢な笑顔が思い出された。

居酒屋時代のジューンと俺。酒を飲ませるとすぐに酔ってセクハラさせてくれた

居酒屋時代のジューンと俺。酒を飲ませるとすぐに酔ってセクハラさせてくれた

バンコクで知り合った女に誘われるがまま、シーラチャの居酒屋に行くと告げたきり、姿を消してしまったのだという。

大丈夫なのだろうか

シーラチャといえば第4回でも紹介した日系製造業の最前線。イースタン・シーボードの一大拠点として急発展を見せ、いまや1万人の日本人が暮らすともいわれる。

シーラチャはいまや日本語のネオンで埋め尽くされる街となった

シーラチャはいまや日本語のネオンで埋め尽くされる街となった

日本のおじさんたちを慰めるピンク物件も異常増大していると聞いていた。もちろん和風の居酒屋も山のようにあるが、その中にはズバリ「お持ち帰り」ができてしまう店まであるという噂だった。

バンコクにもウエイトレスのメコたちが飲み相手になってくれる居酒屋はたくさんあるのだが、あくまで同席するだけである。

ちょっかい居酒屋ではノリ次第でこのくらいの行為は許される

ちょっかい居酒屋ではノリ次第でこのくらいの行為は許される

仲良くなれば手をつないだり太モモを撫でさするくらいの軽いセクハラは許されたし、閉店後に彼女たちを引き連れてクラブに行ったりもしたが、それ以上の行為に及ぶ雰囲気ではなかった。「ちょっかい居酒屋」はある種、健全だったのである。

しかしシーラチャでは、ちょっかいどころか一見の客でも連れ出し料金を払えば、極めてシステマチックにホテルに同伴できる「ヤレる居酒屋」があるのだという。

バンコクは怖いけどシーラチャなら……という田舎娘もけっこういる

バンコクは怖いけどシーラチャなら……という田舎娘もけっこういる

ジューンは穢れを知らない娘のはずである。日本人の変態ジジイに弄ばれてしまうのは納得がいかなかった。たとえDQNでもいいから、言葉も心も通わすことのできる同郷で同年代の男子と人並みの恋に落ちるのが道理というものではないか。

俺は自らの変態性を棚に上げ、らしくない義憤にかられた。純朴な田舎娘であるジューンに惚れていたのかもしれない。幸せになってほしかったのだ。

これも居酒屋の頃のジューンとジェーン。居酒屋からカラオケ嬢に転進するケースは多い

これも居酒屋の頃のジューンとジェーン。居酒屋からカラオケ嬢に転進するケースは多い

フェイスブックでメッセージを送ってみるが、返事はない。ならば直接、行ってみるしかなかろう。俺は久しぶりに、エカマイ東ターミナルからシーラチャ行きのバスに乗り込んだ。

ここにもいない

確かにジューンを雇っていたという居酒屋は見つかったのだ。シーラチャ特産のイカ刺しがうまい店だった。怪しげな連れ出し居酒屋ではなさそうで、それだけは安心したのだが、ジューンは1か月ほどで辞めてしまったのだとタイ人の板前は言う。

「バンコクにもロイエットにも戻りたくない、って言ってたから、この街にいるかもなあ」

そんな言葉を背に受けて店を出る。

シーラチャの市場は海産物が山盛り。せっかく行くならぜひ活気ある早朝に

シーラチャの市場は海産物が山盛り。せっかく行くならぜひ活気ある早朝に

ちょっと見ない間に、シーラチャは激変していた。小規模なスナックとカラオケがうじゃうじゃ増殖していたのだ。数年前はシーラチャ・ナコン6という通りとその近辺だけだったピンクゾーンはいまや数倍に広がり、日本語のいやらしい看板が小さな街にあふれかえる。恥ずかしいくらいであった。

最近はこんなデコをしたカラオケ屋をよく見る

最近はこんなデコをしたカラオケ屋をよく見る

どの店も盛況である。ひと昔前の歌をがなりたて、明日も仕事だろうにドカドカ酒を飲む勇ましいおじさんたちで賑わう。工場勤務はストレスがたまるらしい。

こんな小箱が、ざっと歩いた限り50軒か、それ以上か……ほかに定番の居酒屋や和食のレストランもあるし、まさかとは思うがエロ按摩も並ぶ。このネオンのどこにジューンがいるのだろう。

2軒目に入った居酒屋でビールからウイスキーに切り替え、だいぶ酔いが回ったあたりで、ふと馬鹿馬鹿しくなった。

俺はいったい、何をしているのか。

いい年こいたキモイおっさんが、ひとりのカッペに入れあげたって何もいいことはなかろう。いつものように、そこらのカラオケでイヤがる姉ちゃんの唇をナメ回し、中年汁を飲ませてやればいいではないか。今さら女に惚れる年でもないだろう……ジューンの笑顔を打ち消して、チェックビン(お会計)と手で合図する。よおし今夜は若メコ3人くらい侍らしてみるかあ。

ラブストーリーは突然に

勢い込んで夜の日本人街を練り歩き、さあどの店どのメコどのマンスジかと勃起しながら歩いていたときだった。

「オオクボサン!」

弾けるような声に、振り返る。目を疑った。ジューンだった。

しばらくぶりにその顔を見て、立ち尽くしてしまう。まぶしいほどに、きれいになっていたのだ。化粧がヘタクソだった面影はもうない。濡れたグロスがセクシーだった。ぼさぼさだった黒髪はいまやほんのりとブラウンがかかり、軽くウェーブしていた。居酒屋のダサい制服とは似ても似つかない、ラメの入ったムラサキのミニスカワンピ。

「ほらほら、飲んでって。いまね、すぐそこの店で働いてんの」

背中を押されるがままに、とあるスナックに入る。先客に日本人のジジイがひとりいた。メコはチーママ合わせて5人だろうか。どう見たってジューンがエースであった。ひときわかわゆいんである。注文ひとつ取るのにぎこちなかった居酒屋時代がウソのように、妖艶な笑みを見せて水割りを差し出してくる。

「ちょんげーお(乾杯)。久しぶりねオオクボサン。シーラチャは仕事?」

「ああ、いやまあ……それよりお前、ジェーンとけんかしたんだって? 店やめちゃって、みんな心配してるぞ」

「まいみーあらぁい(なんでもないよ)。こっちのほうが稼げるって聞いたから来ただけだよ。くるんてーぷ(バンコク)は人いっぱいで疲れるしさ。お姉ちゃんともいまは連絡してるよ」

あっけらかんと話す。だったらフェイスブックで俺のこと無視すんなよ……と言いたくなったが、ジューンはひとつ間を詰め、しなだれかかってくるのだ。ものすげえいい香りなのであった。かわいい頭がちょこんと肩に乗せられる。イモ臭い居酒屋の給仕が、ほんの2、3か月で完全に夜の蝶に化けていた。

複雑な気分であった。こういう姿はよく見てきたはずなのだ。イサーン(東北部)から出てきたあどけない少女が、当初はカタギの仕事をしていたはずなのに、悪い友人に誘われ流され堕ちていく。化粧とカネと男と、場合によってはクスリを覚えて、夜しか咲かない花になる。タニヤでもスクンビットでも、いくらでも転がっている話だった。それでも馴染みの女がすっかり変わってしまうのはさみしい話だった。

……なんてしんみり考えながらも、俺は興奮を抑えることができなかった。腕の中に惚れた娘がいるのである。バンコクに来たばかりの頃から日本語や和食の名前を教えてやり、あれやこれやと面倒を見た女なのだ。

イサーン出身にしては輝くような真っ白いナマ足に、もう耐えられなかった。こんないやらしい足、居酒屋のときは見せたこともなかった。

そっと撫でてみる。はじめて触る柔肌だった。ジューンの吐息が首筋にかかる。いままで揉んできたどの太モモよりも、罪深いほどに柔らかい。めまいがするほど昂ぶった。カウパーが泉のごとく湧く。年甲斐もないほどの怒張に、ジューンはそっと手を添える。悲しいが慣れた手つきであった。

「オオクボサン、ぱっく・てぃーない(どこに泊まってるの)? 今日は一緒に寝よ。お金なんかいいから。ペイバー代も私がチーママに払っとく」

耳元で囁かれ、童貞のようにたじろいでしまう。しかし……なぜだか俺は彼女の身体を離した。

「今日は帰るよ。また来る」

ジューンは一瞬、意外そうな顔をしたが、すぐにそっけなく「あら、そう」と言って伝票を持ってきた。これもまた、慣れた仕草だった。

あれからまた、ずいぶんたった。シーラチャは再訪できていない。今ごろあいつはなにをやっているのか。気にはなるし、こうしているときも日本人のオヤジに抱かれているのだと思うと狂おしい。しかし、これでいいのだとも思っている。しょせん俺は素人童貞の社会不適合者である。まともな恋など我が人生にあろうはずもない。このまま風俗道を歩いてこそメンダー大久保なのである。

……あっ、最近は日本のエッチな雑誌でも書いているので読んでね! いまコンビニなどで発売中の「ラヴァーズ」「別冊ラヴァーズ」では、日本で遊べるアジア娘のお話を掲載中!

店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
店舗名
業種
エリア
電話番号
HP
  • オフィシャルHP
  • 動画ページへ
  • 体験レポートへ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ
名前
年齢
スリーサイズ

この記事の作者

メンダー大久保
メンダー大久保
団塊ジュニア・氷河期世代の負け組底辺。
わずかな稼ぎは年3、4回のタイ旅行に全て消える。重度のキッスフェチであり、唇を重ねる時は必ず歯グキまで舐め回す。AVはベロチュー手コキものしか鑑賞しない。
弾ける若さのショートカットが好物だったが、最近はしっとりとしたおばさんに惹かれるようになった。アル中
メンダー大久保の記事一覧を見る

関連する記事

この記事の作者

メンダー大久保
メンダー大久保
団塊ジュニア・氷河期世代の負け組底辺。
わずかな稼ぎは年3、4回のタイ旅行に全て消える。重度のキッスフェチであり、唇を重ねる時は必ず歯グキまで舐め回す。AVはベロチュー手コキものしか鑑賞しない。
弾ける若さのショートカットが好物だったが、最近はしっとりとしたおばさんに惹かれるようになった。アル中
メンダー大久保の記事一覧を見る

人気カテゴリー

掲示板の新着スレッド

アクセスランキング

ナオトインポテンツTwitter

関連サイト

  • FuuTubeVR
    オンラインサーバー上に存在する仮想空間の風俗ビルディングです
  • FuuTube
    風俗動画数約3万2000!登録ナシ・無料で全ての風俗動画がすぐ見れる!
  • モアグループNAVI
    首都圏最大級デリヘルグループ・モアグループの情報サイト
  • 当たり嬢レポート
    全国の風俗(デリヘル)嬢のクチコミ体験情報を集めました。
  • デリデン
    お店探しに特化しました
ページTOPへ
ページTOPへ